幼稚園教諭を目指す環境:子供に関わる現場あれこれ

資格を取得する

大学または短大で取ることができる資格

study

幼稚園教諭は幼稚園において教諭として仕事をするために必要な資格です。国では幼稚園で働くことができる人に資格を定めており、これが幼稚園教諭の免許状になります。免許状には1種と2種、そして専修の3種類があり、所定の単位数をおさめて大学を卒業することによって資格を得ることができます。幼稚園教諭の不足が問題になってきていることを受けて、最近では幼稚園教諭の資格を取得することができる大学の数が増えています。大学によっては効率よく資格を取得することができるように専門の学部を設けているところや小学校や中学校の免許状も同時に取得できるようになっています。

増えていく資格取得ができる学校

幼稚園教諭になるためには免許状が必要ですが、幼稚園で働くことができる人が減っている現状を受けて幼稚園教諭の免許を取得することができる大学や短大は増えています。また、通信制の大学でも免許状取得をすることができるところがあり、今後も制約の中で勉強して免許を取ることができる通信は増えていく傾向があります。また、一般の小学校や中学校の教員免許を取得することができる大学でも幼稚園免許まで取得できるようになってきています。ただし、現在幼稚園と保育園の一体化を進める動きが国を中心に起こっており、実現すると保育士と幼稚園教諭という免許の異なる2つが共存することになります。免許の取り扱いが変わるケースもあるので今後取得を考える人は、情勢を知っておく必要があります。