幼稚園教諭を目指す環境:子供に関わる現場あれこれ

塾を選ぶ

子供に合った塾選びを

study

少子化が叫ばれるようになり、大学に行くことが目的であれば、簡単に入学できるようになった半面、優秀な大学に入るためには、しっかりと計画立てて勉強していかなければ、入試を突破できなくなっており、大学のレベルが二極化してきています。自宅学習のみではなかなか対応しきれないのが現状で、塾選びが重要な要素になってきていることも事実です。これまで、学習塾というと、たくさんの生徒の前で講師がしゃべるというものが一般的でありましたが、この方法では、十分な学習結果が得られないということも分かってきており、そういったニーズに対応するために、個別型の塾も登場してきています。

いろいろなタイプがあります

最近では、塾の中でも、敢えて一人で個別学習の時間を設けている塾も登場しております。子供によっては、学校の授業で、些細なことをきっかけに十分理解ができないままになっている事項もあり、個別学習で教師と話をしているうちに、そのことに気が付き、一気に解決するということもあり得るのです。こういったことは、集団学習では得られない効果であり、思い切って先生に質問できないような子供の場合や、質問自体がわからない、という子供には適しているのです。逆に一人では、いつも監視されているような気がして、リラックスして授業を受けることができず、逆効果になる子供もいます。そのため、子供の様子を見ながら、最も適した学習方法を選べるようにしておくことが、効果を上げる秘訣といえます。