幼稚園教諭を目指す環境:子供に関わる現場あれこれ

情報を集める

ホームページからわかる塾の見分け方

study

子どもが中学生になり、いよいよ3年後には受験を控える中、学習塾を選ぶ人も増える時期です。どの学習塾を選んだらいいかは、実は保護者の間での口コミによって決まることが多いのですが、ホームページなどを見るとその塾のやる気が垣間見ることができます。ブログの最終更新が1か月以上前である場合や、ブログを書く感覚が2,3か月に1度であれば、講師はかなり忙しく情報を発信することをしていない可能性があります。この場合は、余裕がない塾であることがわかります。つまり、忙しすぎて仕事が十分にできていない可能性が高いか、情報発信をおろそかにしているかのどちらかです。

画像一つでもわかる取組み

ホームページを見ると講師の画像が載っていない場合があります。しょっちゅう講師が入れ替わる塾であれば当然顔写真を載せることは避けるはずです。また、写真が3年も4年も変わっていない塾に関してはやはり本部のほうで情報発信がいい加減であることが考えられます。 もちろんチラシの方に力を入れている場合もありますが、あまりにも古写真のように画像が荒い場合は注意が必要です。 プライバシーの観点から画像をぼやかしているかもしれませんが、明らかに見る側からすれば透明性が無く感じてしまうでしょう。プライバシーに関しては保護者に書面に一筆もらい、写真掲載の同意を得ることで問題は回避できるはずです。 このようにホームページからその塾のやる気も見えてくるのです。